寒い朝には手がかじかんで、よく動かないっていう方へ!!

今日は、新聞で出ていた、南アルプスンの伊那が湖の紅葉を見に行ってきましたが、渋滞がすごくてちょっとびっくりしたこうちゃんです。
でもカエデがびっくりするほど鮮やかで心癒されました。

 

さて、今日は最近寒さが増してきて、朝起きたときに、手がかじかんで動きが少し良くないなあって感じている方へのポーズです。

あさ、起きた時にほぐしてみてくださいね。

特に、お布団から手が出ていたりすると特に指先から冷えて、血液の巡りが悪くなってしまいますよね。
その時は、ヨガのレッスンで行う足の指ほぐしを手の指の方でも行うようにしてみる事です。

まず、一番初めに、手を開いたり、閉じたりして朝の指の状態を確認してみます。

それで、違和感がないようならば次の動きをしていきます。
左手を肘を伸ばしたまま前に伸ばして、親指を立てて、反対側の手のひらで親指を包んであげるように軽く握り、息を吐きながら指先を自分の体の方へ手前に引いていきます。
2度くらい繰り返して、次は人差し指も同じように2回くらい繰り返して、更に中指・薬指・小指と移動していきます。

小指まで終わりましたら、手のひらを肩より腕でブラブラとして血流がよくなっているので血液を心臓に戻してあげるようにします。

そうしましたら、反対側の手も同じようにしてみます。

最後は、両掌を肩以上にあげてブラブラを揺すって、それでも、指先が冷たいようならば、肘から指先に向かって反対側の手を握るようにして指先に向かって擦っていきます

反対側の手も同じようにして変化を感じてみてください。

まずは、10日間くらい繰り返してみましょう!!
それでも、あまり変化ない場合は、血流以外の場合もありますから、お医者さんに診てもらうことも大切ですよ。
よろしくお願いします。