一生、自分の足でしっかり歩けるようにしたいと思ったから。

私を知るようになったきっかけはなんですか?

A様:
堀内さんの奥さんの志保が同級生だったので。志保とは小学校5年から、かれこれ40年のお付き合いになるんです。

志保のご主人がヨガ教室を始めるって聞いて、「ああ、いいねぇ~」と思って。

もともとヨガをやってた経験があって、ちょうどやってない時期だったから。
タイミングが良かったです。その頃は弓道をやっていたから、その間の体力作りの一つとして、いいな~と思って始めました。

ヨガ教室

志保のご主人がヨガ教室を始めるって聞いて、
「ああ、いいですね~」と思って。

私を初めて見た時、正直、どんな印象でしたか?

A様:
ヨガの先生で男性の方って、あんまり経験なかったんですけど。
冷えにいいポーズとか、体の症状別にポーズの効果を説明してくださったり。
いつも「絶対に無理しないでください」って、楽な緩和ポーズが選べるのもいいですね。

体のことを考えて、やさしく教えてくれる先生だなぁ、と思いました。

お客様インタビュー

体のことを考えて、やさしく
教えてくれる先生だなぁ、と。

なぜ今回、ヨガ教室に参加しようと思ったんですか?

A様:
ヨガをやっていた経験があって、ちょうどやっていない時期だったので。

自分でストレッチくらいやればいいんだけど、、、家でやるかっていったら、やらないですよね。なかなか自分でできないし、継続ができないんですよね。日々の生活に追われてしまって。

出向いて行くってことで、やる気になれるから、参加しようと思いました。

お客様インタビュー

なかなか自分でできないし、
継続ができないんですよね。

ヨガ教室に参加するまでに、どんなことが気になっていましたか?

A様:
ヨガやるのを、長い間休んでいた時期があったじゃないですか。仕事が忙しかったり、義理のお母さんの具合がよくなくて、病院の付き添いや身の回りのお世話をしなくちゃいけなかったり、いろんな事情があって。

復帰した時に、「いかに体が凝り固まっていたか」っていうのを、すごい感じたんですよね。体が軽くない感じ。

日中は、あまり動かないので。事務の仕事をしていて、ずっと椅子に座ったままのデスクワークなんです。

ふだん動かさないところを、動かすきっかけが、ほしいですよね。気がついた時に始めたって、思うようにいかないこともあるし。

一生、自分の足でしっかり歩けるようにしたいと思ったから。趣味の御朱印巡りも、ずっと続けたいですし。

私は将来、息子の世話になったりとか、息子たちに迷惑かけないような老後を送りたいと思っているんですよね。

お客様インタビュー

将来、息子たちに迷惑かけないような 老後を
送りたいと思っているんですよね。

私に依頼することに対して、迷ったり、躊躇したことはありますか?

A様:
ないですね~!ない(笑)
友達のご主人ですし、参加することについて躊躇することは、全くありませんでした。

あえて躊躇したことがあるとしたら、、、。

私が住んでいる中央市からは、「ちょっと遠いな~」とかね。やっぱり通うのに、車で20分かかると思うとね、躊躇しますよね。

あと、「曜日とか、時間が合うかな~」というのはありました。

絶対に行けないっていう曜日は、、、その時は、弓道してたから、火曜日。土曜日は、結構、仕事していることが多いですし。

でも何時って言われると、いい時間って、ないですよね。

どの教室でも、何曜日であっても、行くかどうかで、調整しないといけない部分は出てきますよね。

お客様インタビュー

曜日とか、時間が合うかな~」というのはありました。

私に頼む上で、決め手になったことはなんですか?

A様:
友達の志保のご主人だったから。何の抵抗もなく入れたっていうのはありますね。 それから、無理なく通える場所だったことも大きいです。

友のご主人だったから、何の抵抗もなく
入れたっていうのはありますね

ヨガ教室に参加して、印象に残っていることは何ですか?

A様:
ヨガ教室に参加した最初の夜は、ハアハア言って。
「ああ、疲れたな~」とすごく感じました。

週1回、ヨガ教室に通うだけなんだけど。続けてやるって大事だなって、すごく思いました。

「ヨガやってんの?家でできるじゃん」って、よく言われます。そうじゃないですよね。そこへ出向いて行ってこそ、お金を払っているからこそ、できるっていうのもありますよね(笑)。

「そろそろ覚えたから、一人でできるでしょ」っていうものじゃないですよね。
「1日1回は深い呼吸」を、家ではしないです。忘れちゃうんですよね(笑)。
教室に出向いて行かないと、呼吸法なんて意識しないし、やらないんですよね。

「首は、そーっと大事にやるんだ。あまり強く回しちゃいけないんだ」とか、いつもすごく言われるじゃないですか。言われて初めて、「あ、そうなんだ」って。

「ふくらはぎをマッサージした方がいいよ」っていうのも、「第二の心臓で、ポンプなんだ」ってことも知らなかったですし。

こういう体に関する知識も、ヨガ教室に参加してから、知ったことですね。
ふくらはぎの役割や首の扱い方、症状に合わせたツボなどについて、教えてもらえるっていうのは、すごくありがたいですよね。

お客様インタビュー

そこへ出向いて行ってこそ、お金を払っている
からこそ、できるっていうのもありますよね(笑)。

ヨガ教室に通ってみて、一番良かったことは何ですか?

A様:
体の柔軟さを保てること。何もしなければ、どんどん体は固まっちゃいますよね。

朝起きた時にちょっと動かすとか、体をほぐしておく習慣をつけるっていうのは、大事だな~って思いました。

足が重いから、「そうだ、ふくらはぎでもマッサージしてみようか」とか。
足が冷たいと思って三陰交を押したら、「よかった、あったまってきた」とか。
時々、「ツボ効いてるわ~」って思う時があります。ふとした時に、気がつきますよね。

寒くなると、とくに効果が出ますから。ホントは夏のうちに習慣にしておくといいですよね。

お客様インタビュー

朝起きた時にちょっと動かすとか、体をほぐしておく
習慣をつけるっていうのは、大事だな~って。

ご家族は何て言ってましたか?

A様:
息子たちは何も関心ないですよね(笑)。私が何をしようと、ヨガ教室に通おうと。

長男はバドミントン、次男はバスケットボールと、それぞれスポーツはしてるんだけど。息子たちは20代でまだ若いから、ヨガやストレッチに、そんなに興味ないですよね。

ただ、そんな息子たちにも、「お母さん、体やわらかいじゃん」「やわいよね」って言われることはあります。

お客様インタビュー

「お母さん、体やわらかいじゃん」
「やわいよね」って言われることはあります。

改めて、今、どんな気持ちですか?

A様:
自然に、楽に継続しやすいです。無理なポーズをさせるとか、イヤなことがないから。ポーズも「これはすごい」ってポーズもそんなにないし。

簡単なことだから、細く長く続けたいなって思います。

運動不足の人には、このヨガはいいですよね。リラックスヨガで。

絶対、何年か後に「ああ、続けててよかった」って・・・今も思うんですけど。続けといた方がいいと思う。やっぱり「継続は力なり」かなと。

出向いて行かないとやらないですけど、、、「毎週木曜日に行くんだ」っていう意識が持てたし。ヨガ教室に行くっていう習慣がつけられるっていうのがありますよね。

「木曜日に行く」と決めたら、そのために自分で、スケジュールを調整しますよね。その時間を目指して、自分が動くっていう。

あと、ヨガ教室にいつも一緒に来てる人に会えるのは、楽しみですよね。ヨガのポーズをとる前に、足の指や下半身を揉んだりほぐしたりしながら、体調のこととか、少しお話もできるんで。

一緒にがんばっている人がいると思うと、励みになりますよね。

堀内:
今日は、お忙しいところ、ありがとうございます。
相原さんから「出向いて行くことで、やる気になれるから」とか「一生、自分の足でしっかり歩けるようにしたいと思ったから」とか、率直な本音を聴かせていただき、励みになりました。

相原さんの1つ1つの言葉のおかげで、これからもみんさんによろこんでいただけるようなヨガをやっていきたいと強く思うようになりました。

この教室を開いて3年。あらためて、ヨガ教室をやってきてよかった、やってきたことはまちがってなかった、と勇気をいただけました。ありがとうございます。

お客様インタビュー

一緒にがんばっている人がいると思うと、 励みになりますよね

無料手ぶら体験ヨガを予約する

「手ぶら体験ヨガ」をホームページからのお申込みの場合、通常体験料500円のところ無料となります。

お気軽にお問い合わせください。090-3319-8184受付時間 9:00 - 18:00

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。