待ち合わせの時にいつも使っているコインパーキングが急に建設現場に変わってしまい、ちょっと焦ってしまった
こうちゃんです”(-“”-)”

何とかぎりぎり間に合って、お客さんの時間を奪わなくてよかったです。(*^^*)

今日の教室では、ひざ痛の方がいまして、よくよく聞いてみると草むしりでしゃがんでいる時間が長かったとのことです。

ひざを曲げた状態で移動したりするとさらにひざに負担がかかってしまい、立ち上がった時に何か痛みが消えない時がありますよね。

そういう場合のひざ痛を和らげるポーズをお伝えします。

仰向けになってみて骨盤は床に付けたまま足先から太ももまでを天井にあげてみます。

まずは、ぶらぶらさせて、その後はお尻を蹴るように、ひざを伸ばしたり曲げたりしてみます。 

この時に大きな痛みがないようならば、今度は、片方のひざだけを浮かした状態でしっかりと伸ばし、

もう一方の足はかかとを床に付け少し膝を曲げた状態で土台を作ります

浮いている膝を伸ばしたまま、両手で触れるところに手で触って、顔の方に近づけたり遠ざけたりを10回くらい繰り返します。

足に手が触れない場合は、少し長めのタオルを足裏にあてて近づけたり遠ざけたりしてみます。

この時、呼吸を顔に近づけるときに吸って、話すときに履いていきます。
意識が足の方に行ってしまうとついつい呼吸を忘れがちなのでご注意してくださいね。

このポーズは、足が浮いているので、ひざに負担をかからないから安心してできますね。

ひざが伸びて気持ちいいですよ(^^)/

前の記事

次の記事