ワークショップに行ってきました

山本先生の体幹の強化するためのワークショップに行ってきました。

 

 

今回のワークショップで刺激を受けたのは、ポーズをする時のアライメント(骨と関節の正しい配置)の大切さを改めて知りました。

身体を意識しないでポーズに入っていくのではなくて、意識的に関節や骨に意識を向けてしっかりと形を作ることが大切です。

実際、指導されたように動くと、腹圧が掛かったり、骨盤が立ったり、足が内旋・外旋をしていくのが感じられました。

私のゆったりのヨガのクラスでも座位の最後に入ってくる開脚での前屈(ウバヴィスタコナーサ)の中でアライメントを意識を向けてもらおうと思います。

比較的に骨盤の後傾気味の方が多いので、ポーズに入る前に、鼠径部をしっかりと後ろに引いて、更にお尻の肉を外に出し、内ももを下向きに回していくような動作で土台をしっかりと作って、本の少し尾骨を引き入れて(入れ過ぎは、骨盤後傾を起こすので注意)、背中を丸めていかないように背筋を伸ばしてから、お腹の下部の方からマットに近づけるように伝えていこうと思います。

ちょっとした意識の変化で身体って変わり、より安全で、体に響きを感じてもらってポーズに入っていけるのが理解出来てとても良かったです。



初回体験ヨガをホームページからのお申込みの場合、通常体験料500円のところ無料となります。

堀内貢次