笑いヨガリーダー養成講座に参加してきました

こんにちは。

ウクレレの練習会に参加した帰りに、友達のまりちゃんから庭の畑のもぎ立てきゅうりを頂いて、お味噌を付けて

酒のつまみにしようと思った、山梨ヨガのこうちゃんです。

 

笑いヨガリーダー養成講座に参加

 

6月29日、30日で東京の水道橋へ、笑いヨガのリーダー養成講座に参加してきました。

6年ほど前にも参加したことがあるのですが、当時は、講師なっていない状態で受けてきたので、

「これは面白いヨガだな!」程度しか思っていなかったのですが、実際に老人ホームなどで教える経験を持つ

現在では、かなりの引き出しが増えて、7月の渋谷の老人ホームでの椅子ヨガで、是非始めてみようという気持ちに

なりました。

ただ、笑っているだけでなく、しっかりと横隔膜をつかう呼吸法や一つ一つのポーズもしっかりと腕や足を

使って、筋力効果につながるポーズが多いですね。

 

 

笑いヨガとは、短く説明すると

 

だれでもできる笑いの健康体操です。

普通、人は面白い事や冗談やコメディなどで笑うのですが、

笑いヨガでは、こうした面白い事に頼ることなく体操として笑うのです。

この笑い体操を皆でやることによって笑いが回りに伝わって、皆で自然と笑えるようになってきます。

なぜ、笑いヨガというかというと、笑いとしての体操に、呼吸を取り入れるからです。

そうすることによって、酸素がたっぷりと体に入って

心も体も健康になるのを感じることが出来ます。

人は、面白い事を見たり、聞いたりして笑うのと、体操として笑うのを体が区別が付かないようで、笑いでの

体に対する効果は変わらないようです。

なので、ここがいいところなのですが、その時の気分や感情に関係なく、体操としても笑いの効果が得られる

ので、いつでもどこでも体操として出来るところです。

1995年に、インド人の医師から考えた笑いヨガは、今では、世界の100ヵ国以上に伝わっていて、十分な

実績があり自信をもって勧めてみたいと思います。



初回体験ヨガをホームページからのお申込みの場合、通常体験料500円のところ無料となります。

堀内貢次