私がヨガを始めたきっかけ

元々は腰痛緩和のためにヨガ教室に参加しました。

私は車の移動が多くてシートに座ると、前かがみになる姿勢が多くなってしまい移動時間も長いので慢性的な腰痛持ちでした。
朝、洗面所で顔を洗う時に前かがみになると腰が痛くて、足を前後にして安定させないと前かがみになれないほどでした。
そんな時にヨガ教室があることを事を知り、すぐに参加しました。

 

仰向け寝は背骨や腰が曲がらない安定した姿勢を保つ

もともとヨガは身体にとってとても良いと聞いていましたが、初めて参加した時に姿勢の大切さを教えて頂き
いつも腰が後ろに引けて背中が丸くなった状態では、腰痛は良くならないと教えてもらい、仰向けに寝て、しっかりと腰椎や仙骨をマットに
付けた状態で膝を曲げて胸の方に引いていくと腰の部分がしっかりと伸びて気持ち良いいのを実感しました。(はじめ腰を反らす事がほぐしにはいいものだと理解していた私には前かがみがこんなに気持ちいいのは意外でした)

更に仙骨(腰骨の下部分)をマットにつけた状態で膝をハの字に広げて、軽く手を添えて左右に揺らすと腰骨や背骨が動き頭まで大きく揺れるのを感じて腰とともに体全体が解れるのを実感しました。腰や背骨がマットに付いているので、安定した状態から腰を伸ばしり、左右に振ると緊張がないのを感じました。

あー、気持ちいいなと実感して、起き上って普通に座ると、いつものクセで腰が丸まり後傾気味になっているのを指摘されて、これを自分で意識的に直すことからはじめました。

出来るだけ腰を立てるようにして、みぞおちからお臍、下腹部をゆったりと広げ下に伸ばす事を意識して姿勢を取るようにしました。
そうすることで自然と骨盤が立つのを実感できました。

毎朝出かける前の簡単ポーズを繰り返し

 

そして、腰痛の最大原因の運転時には骨盤を立てるシートを使い、いつでも腰骨が後傾しないように意識していくと少しずつですが腰痛の痛みが
和らいでいくのを感じていきました。

そして、毎朝、寝起きには、腰に良いポーズの「優しい赤ちゃんのポーズ」や「簡単なねじりのポーズ」、片方の膝に反対の足の外くるぶしを添えて胸に引いて腰を伸ばす「コアラのポーズ」で腰痛緩和に努めることを繰り返して、今では車の運転もそれほど苦痛にもならず、顔を洗うような、立った姿勢ので前かがみになるのも全く苦にならなくなってホットしています。

 

こうして最初は自分の身体のために簡単ヨガを続けるようになりました。



初回体験ヨガをホームページからのお申込みの場合、通常体験料500円のところ無料となります。

堀内貢次